http://h7deand5eek.hatenablog.com/entry/2015/03/12/183024
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「タクシー業界の敵」日本にもくるのかな。。

スマートフォンで手軽にハイヤーやタクシーを呼べる配車サービス「Uber(ウーバー)」。シリコンバレー生まれのこの「破壊的」な新サービスはタクシー業界に激震を巻き起こしながら、世界中の都市に着々と進出している。 

http://www.newsweekjapan.jp/stories/business/2014/09/post-3380.php

 高速バスとかLCCとか格安の乗り物会社っていうのはまゆちゅばだ(誤打)。

格安の裏にあるのは常に人件費だからマ○クとかもそうだけど、

自分の命を何に預けているのか、自覚して生きていかないといけない。

 

日本のタクシー業界は大丈夫だろうか。命預けてもいいのだろうか。

まさか業務中に、ハーブとか、ないよね?何があるか分からない昨今だ。

あと安全運転は大前提として、接客ももうちょっとよくならないですかね。

自動車学校でもあるじゃないですか、マナー講師資格もってます!!みたいなとこ。

ハイヤーとかだと接遇しっかりしてるし、サービス面の競争も必要じゃないだろうか。

タクシーも高級路線で売っていくのはどうだろう。

何にでもプレミアムってつける風潮あるじゃないですか。プレミアムタクシー。

聖闘士みたいにキャリアアップしていくのはどうだろう。

エコノミー運転士→ファースト運転士→ハイヤー運転士って。

冗談みたいだけどこういうゲーム性ってやる気も出るし、いいんじゃないだろうか。

 http://www.nihon-kotsu.co.jp/hire/about/

http://www.drivers-work.com/column/drivercareer/taxiorhire/