http://h7deand5eek.hatenablog.com/entry/2015/03/12/183024

錬金術の歴史はムダじゃなかった


錬金術の歴史 A17


昔は錬金術っていう学問というか
職業があって、金を作り出すために
色々な実験をしてた。
ただ、現代で錬金術師っていう職業が
存在しないように、別の物質から
金を作ることはできなかったと聞く。

代わりに化学実験やら解剖やらを
色々とやったおかげで火薬とか磁器とか
色々な物質やらその製法を
発見できたワケで、長い目で見れば、
必ずしも無駄な学問&職業じゃなかったと
言える。

で、今でも「ホントに金が作りたい」っていう
熱意と欲を持って、金作りに励む
現代の錬金術師って居たりするのかな。
作れたら作れたで、金相場がひっくり返るから、
何が何でも世に技術を流出させない動きが
活発になると思うけど、1人は2人くらいは
本気で研究を続けて欲しい。

仮に金を作ることができなくても、
先人の錬金術師達みたいに、現代科学に
著しく貢献する発見を何かしてほしい。

ホントに錬金術の研究をしたいなら、この手の、
「科学技術の研究に関わる仕事」に転職するくらい。
もちろん職場で「金を作れ!」と大それたこと
言われるワケないんだけど、新素材とか
新技術に関する研究開発はうんとできる。

あとは独学とかその辺。そんな変わり者が居るなら
3000円くらい資金提供してみたい。