http://h7deand5eek.hatenablog.com/entry/2015/03/12/183024
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

特に誰に伝えたいわけでもないけど私がエレベーターを使わない理由

エレベーターって使う?

www.youtube.com

 

 エレベーターが嫌いだ。うそ。ごめん。ちょっと言い過ぎた。冒頭からかましてやろうと張り切り過ぎた。小学生の男の子が好きな女の子に悪口言うみたいな。そういう少年性が出ちゃった。撤回します。

 

エレベーターはあまり使いません。これがホンネ。冒頭からちょっと勇み足だった。ではなぜ私がなぜエレベーターを使わないかという話の前に、それぞれで一度、どれくらいエレベーターに乗っているか考えてみよう。

1.毎日使う 2.よく使う 3.あまり使わない 4.基本的には使わない

 

私がエレベーターを使わない理由その1、せっかちだから

 私はせっかちである。せっかちと言っても色んなタイプのせっかちがいると思う。約束の時間の30分前に来て、今どこにいる?ってメールを送るタイプのせっかち。前フリの長い話の結論までの道程を待ちきれずに「オチは?でオチは?」って聞いてしまうタイプのせっかち。録画したり借りてきたビデオをスキップしたり早送りしたりして鑑賞したと言い張るタイプのせっかち。本当にこんな連中がいるのかいないのかはさておいて、私は別のタイプのせっかちである。

 じっとしていられないタイプのせっかちなのだ。何かあれば動く。動いて打開策を導き出す。緊急事態が起きた時は必ずや人より一歩先にアクションを起こすタイプだ。まあ後先顧みないからその結果ヘマばっかりやらかすタイプなんだっていうことも自覚しているんだけども。

 

 エレベーターという文明の利器は、半分は乗ってる時間でもう半分は待ってる時間で出来ている。この待っている時間が耐えられない。じっとしていられない。8階から下ってくるランプを眺めながら「あ、7階で止まった。あ、6階も止まった。54飛ばして次3階」とまるで童謡のようなリズムで停車するエレベーターを見ていると、もうイライラしてきてしまう。

 たかがエレベーターごときにイライラさせられるているようではストレスフルな高度文明社会では生きてゆけぬ。ということで、エレベーターを避けるようになる。

 

http://portal.nifty.com/2008/03/17/c/img/danchi081.jpg

 

私がエレベーターを使わない理由その2、階段を使いたいから

 今度はもっと能動的な理由になる。階段を使いたいのである。じっとしていられない人なので階段を昇ることが気持ちにフィットするのは必然だと言える。それからお気づきだろうが階段を昇ることでダイエット効果もあるのである。これが結構バカにできなくて、冬でも5Fくらいの階段を昇ると体温が上がるしじんわり汗もかける。汗のことは女性にはありがたくないかもしれないけど、ダイエットと聞いたらやってみたくもなると思う。

 なんでも効率化が好きな私は、自分が階段を使うことでダイエット効果と節電効果を一挙に稼ぐ、というのも楽しくて仕方がない。その効果は全く数値化可視化できないし、誰からもありがたがれもしないようなものだけど、「効果がある」と自分で思い込んでやっているので全く問題はない。プラシーボ効果が大事。

 階段とエレベーターだと、結果そんなにかかる時間が変わらないということも大きい。多分、多分だけど、本当に推測だけど10階くらいだったらそんなにかかる時間は変わらないんじゃないだろうか。今1階から10階に行こうとしてて、エレベーターがもう1階に着いていたら話は別だけど。今10階から1階に行こうとしてて、1階で待機しているエレベーターを呼ぶところからスタートしたら、、、あ、これはどう考えてもエレベーターの方が速いな。階段降りるよりも。

 ただエレベーターは途中で止まるという不確定要素が大きい。途中で停車して引っ越し作業の人が荷物を積んできたら、、という可能性を考慮にいれると、結果階段の方が速くなるという可能性は否定できない。時々によって到着する時間が分からない交通機関というのはやっぱり使い辛い。

 

http://www.plus-blog.sportsnavi.com/account/freeblades/images/freeblades-257131.jpg

イメージ。

 

私がエレベーターを使わない理由その3、他に使うべき人がいるから

 ここに来てようやくまともな意見を出すんだけど、エレベーターを優先して使うべき人の存在を忘れてはならない。上記のように私は待つことが苦手で、階段をぐいぐい攻めていきたい人間であり、エレベーターはそのような人のためにあるのではない。

 小さい子ども連れやベビーカーを引く保護者、車いすの人や足腰の負担の大きな人たちのために、垂直移動装置が使用されるべき。電車の優先席と同じ考えかもしれない。優先席には「なんとなく座り辛いオーラ」があるように「なんとなくエレベーターに乗り辛いオーラ」があるのだ。自分の中でね。

 自分の中の電車にあるエレベーターという優先席を、意識して使わないようにしているということだ。うまいこと言おうとして全く意味が分からない話になっちゃったけど、そういうことなのだ。

 

www.youtube.com

特に誰かに伝えたいわけでもないと言い訳しといて書きまくった

 色々並べたけど、他にも些細な理由はいくつかあったりするよね。同乗する人と気まずいとか。密室の抵抗感とか(女子かよ)。今日のコーデを撮る人と遭遇するのが気まずいとか。出くわしたことないけど。でも高層ビルだったらもちろん乗るけどね。全然乗る。全然乗るし乗ったら乗ったでちゃんと気使うよ。だから大丈夫。言っても10階くらいまでの話。

というわけでエレベーターを使わなくてもいいという人はどんどん階段を使いましょうという話。結構膝に来るよ。運動不足解消にも。