http://h7deand5eek.hatenablog.com/entry/2015/03/12/183024
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日だってあなたを思いながら

歌唄いは歌うよ

タイトルは斉藤和義ね。このタイトルにびびっと来てブログを開く人もいるだろうと思って。言っても14文字だから盗用にはならないよね。ならないよね?

 

http://ecx.images-amazon.com/images/I/41zBLAZ7UnL._SL500_.jpg

 

で、残念なお知らせだけど今日は斉藤和義の話じゃなくて引っ越しのお話ね。「最初君が来た夜 なんにもないこの部屋は 君が笑うだけで 穏やかな海にもなった」の引っ越しね。今度は流石に引用しすぎたかもしれない。これも斉藤和義の「引っ越し」って曲ね。心配だから引用元を書いておく。

 

ということでようやく本題。引っ越しは軽トラで大丈夫か?っていう話。

 

実を言うと今まで引っ越しを引っ越し業者に頼んだことがない。今まで全部手作りで引っ越しをやってきたわけで。ていうか、手作りっていうのか?引っ越しって。別に何も作らないし。運ぶだけだし。手運びかな?いやいや、手運びではないけど。車で運ぶけど。車運びかな?なんだ車運びって。なんだその言葉。何もイメージが湧かない。まあそんなことはいいんだけど。つまり、手作りで引っ越しをしようと思っておりまして。

 

実を言うと自分じゃなくて知り合いの引っ越しの手伝いなんだけどね。軽トラをレンタルしたらしいんですね。移動距離は5~10kmくらいで大したことないんだけど、何せ軽トラは積みにくい。本当はワゴン車がよかったんだけど、もう売り切れていたらしい。荷物の量がなんとも分からないんだけど、何往復もするのも手間だし、荷物が転がり落ちてしまうんではないかと心配している。

 

http://www.nutsrv.co.jp/images/car_mys01_02.jpg

もういっそこういうのでいいじゃん。

 

www.drivers-work.com

 

いっそのこと4tならよかったんだけど、まさかの軽トラ。農作業やるのと違うんだから。家財なんだから。高さがあるんだからと知り合いには教育的指導したんだけど、とにかく「大丈夫」の一言。本当に大丈夫なんだろうか。まあ最悪でも2往復をすればいいか。2往復まではいい。2往復までは我慢しよう。3往復したらもう許さない。もう拗ねる。もう一人でビール開けてやる。一人で特上つまんでやる。

 

せめてあれがあればいいんだけど。あれ。なんだっけあれ。幌っていうの?箱があればね。ほら、あれよあれ。荷台?じゃなくて、なんていうんだろ、って調べたら分かったけど、コンテナね。コンテナがついていれば積んだり重ねたりできるし、一往復で片づけられると思うんだけど、たぶんないよね。普通にレンタカーで軽トラって言ったら、荷台しかついてないんだろうね。。

 

http://blog-imgs-61.fc2.com/r/o/u/route0030/2013_Suzuki_Carry.jpg

このCMつい最近だったような気がするけど、結構前なんだよな。。

 

 

まあうだうだ言ってるけど、もう手伝うって言っちゃったからやるっきゃないんだけどね。

 

それよりもう一つの悩みが、引っ越しの最中にかけるべきなのは斉藤和義の「引っ越し」なのか、Perfumeの「ワンルームディスコ」なのかっていうことだ。まあ、斉藤和義は、暗いよ。基本的にふてくされてるから、歌が。かといってPerfumeも、空気合わないよ。明るすぎるよ。男二人の引っ越しが、なんかギクシャクしそうだよ。。。