http://h7deand5eek.hatenablog.com/entry/2015/03/12/183024
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

10分でブログは書けるのか

いつもは30分とか1時間とかのんべんだらりんと書いてるんだけど、今日はちょっと急ぎ目に書いてみる。でも内容をなるべくいつもと同じような感じにキープ。10分でブログを書けることが分かったらブログ書くこともおっくうじゃなくなるし、更新のハードルがぐんと下がるはず。これは検証の価値があるのではないだろうか。

 

1.なにを書くのか

なにについて書くかは永遠の課題だと思う。ブロガーは、誰から何について書いてくれと頼まれるわけじゃない。取材に行くわけでもない。かといって(ほとんどは)お金を貰えるわけでもない。好きな事を書いていい立場なんだけど、毎日それこそ365日発信していたらネタが尽きる。好きな映画とか音楽の話をし続けるには新しい映画や音楽を聴き続けなければならないわけで、毎日新しいものに出会うことを自分に課すというのはなかなか大変な作業になる。10分でブログを書くためにはなにについて書くかを迅速に決めなければならないだろうと思う。

 

2.装飾はどうするか

読まれる、反応がある、読者がつくブログは読みやすいデザインを心掛けなければならない。ブログの鉄板ルールの一つだ。10分で書いて、デザインをチェックして、読みにくいと感じたら

 

改行をして、

 

説明が足りないと思ったら画像を挿入して、

 

http://stat001.ameba.jp/user_images/20120524/15/wazameba/f7/fc/j/o0800080011990667486.jpg

 

 

強調したい部分があれば太字にしたり

ポイントを上げなければならない。

書いてから装飾を加えるのか、書きながらどんどん編集をするのか、ここの判断も難しいところだ。

 

3.推敲はするのか

ブログを書き上がったら推敲作業が必ず必要だ。推敲をしなければ五時・脱字はもちろ、「必ず必要だ」のような重複を見落としてしまうかもしれない。また推敲をすることでより読者に伝わりやすい表現になるというものでもあったりするし、変な文法を使ってないかのチェックももちろんする必要。

すなわち、本文の作成の時間を5分ほどでする必要が出てくるのだ。

 

結果

現時点で11分。だめだった。意外と難しい。手が止まったらおしまいだ。しゃべるようにカタカタカタカタ打ち続けないと10分でブログは書けないようだ。でももう一度やってみようと思う。今回の課題が次回は少し修正されて、なんとか9分くらい出掛けるようになっているはずだ。あ、変換ミスった。

 

でももう12分建っちゃったから公開してしまおうと思う。こんな読者に失礼なエントリーがいまだかつてあっただろうか。

 

h7deand5eek.hatenablog.com

h7deand5eek.hatenablog.com